<   2005年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
take a turn for the better
「予定は未定」が座右の銘とかなんとか言ってたけど最近はうまく先々の予定が決まらないだけでモサモサ、じゃなかった、イライラ。世間様にメールくらい一日で返信しなさい、と怒りたいレーオー。自分もままならないけどね。

今日は「私シッテルヨ」系のK氏が携帯を購入するということでモールへ。久々に、あの携帯を買う現場に行ってみたけど、長い間使ってないと説明も何言ってんだか意味わからんね。日本の携帯ってどんなんになってんだか。日本に一時帰国した時「今どこ?」のハテナの出し方が分からなくなっててビビッタけど、今ヤヴァイだろな。ま、結局K氏は携帯を購入できず、後日出直すことに。でもレーオーはこのまま持たないだろうね、なんかホントに必要だって場面が来ない限り。いっつも通話中みたいで、みなみなさまにご迷惑をおかけしてるのはわかるんだども、あったらあったで使うだろうしね、どっかのカルフォルニアボーイみたいに。

「あーこんな時携帯があったらなぁ~」とか「じゃ、携帯で聞いてみて」とか、やっぱあったらあったで便利な道具、携帯。一方で、けっこう他の人からの束縛が多い道具、イケイケ携帯。自由気ままに生きたいレーオーはやっぱ必要ないかなぁ。金も使うし、時間も使うし、やっぱいらぬかな。いつもは新しい物を人が持ってたら気になるんだけど、携帯にはそんなに反応しないんだよねぇ。んー。
[PR]
by tamaneedscaffeine | 2005-05-31 15:53 | thoughts
thick-skinned
思い通りにコトが運ばない時って何してもダメなのね。「計画はお早めに」ってプロ○スも言ってるけどホントにそうだなって痛感したよ。でもまぁ、これで終わりじゃないし、次に出来る事を考えよう、ってな軽い気持ちなレーオーです。

まだまだ夜は肌寒いこのごろ。ムシムシしだしてないからすごく心地がいい。きれいな川辺でもあるもんなら夜の散歩にでも行くんだけど。クサイ、だけだからね、ここは。小さい頃はよく父親にキャンプに連れて行ってもらってたな。ナグリ川、今はどうだか知らないけど、昔はナウくてホットな場所だった。みんなキャンプ用品を担いでどこいくの・・・ナグリ川、みたいな。夜、寝袋で寝るときもいつもベッドの中で寝るのとは違って耳元で川のせせらぎが聞こえるんだよね。最初は気になって眠れなかったけど、そのうち気持ちよくなってくるんだな。懐かしい。せっかくキャンプに行ってそんな懐かしい気持ちに浸ろうと思ったのに、そうは行かなくなりそうなイヨカン。

今日はカーペットに牛乳をこぼしたし、なーんか後味あんまよくないレーオーでした。
[PR]
by tamaneedscaffeine | 2005-05-28 17:05 | thoughts
wind it up
ダメですね。一度手を止めてしまうとそのままづるづると・・・。いけない癖です。小さい頃から熱しやすくさめやすい性格で有名だったレーオー少年。これはいつまでたっても直らないですね。

と、いうわけで、「ダウソタウソを食す」二日目を書す前にブログをひとつはさもうと思います。

日本より少々遅れて、今頃、人との出会いや別れがここアメリカへやってきました。どこへ行っても「別れ」というのはあるもので、その分、「出会い」もある。「別れ」で一番思い出すのは、小学校で始めて違う街に引っ越していった時の頃。その頃は、なんで親が新しい街に家を買ったのかが理解できなかった。ホントにその「別れ」がつらかった。坂田さん(松たか子似)、元気かな。別れる者もつらいけど、別れられる者もつらかったりするもんだな、なんて思ったり。「出会い」で思い出すのはその新しい街で始めて会ったワルかな。今は結婚して子どももいるけど、そういえば、未だに日本にいようがアメリカにいようがワル友でいるからね。

「別れ」の数ほど「出会い」がある。誰が言ったかわからないけど、「出会い」が多いほうが少し楽しいかもね。もう少しいっぱいの人を知ろう、そう思った日でした。
[PR]
by tamaneedscaffeine | 2005-05-27 16:08 | remarks
a night on the town
c0035739_17113477.jpg

[PR]
by tamaneedscaffeine | 2005-05-18 17:12 | travels
long and short of it
すみません。だいぶ長らくサボりました。言い訳はいたしません。長く伸びていたツメを今日やっと切りました、レーオーです。こんにちは。

自分が投げ出してしまっても大丈夫なような仕事というのは人を困らせますね。やっぱり締切日があったほうが良い、というか、それだけ報酬なりご褒美があったほうがこっちも死ぬ気になってやるというか。人間ってなんて勝手なんだろうと改めて思います。

久々に実家からマロン(愛犬ミニチュアダックスフンド)の写真が写メールで送られてきてね。なんかダックスフンドって顔が長くなるのね。小さい頃はあんなに丸っこくてかわいい顔だったのに。今じゃスペースシャトルみたいだよ、いや、これ、マジで。まぁ、早く会いたいのには変わりなく。今年の冬には帰りたいね。
c0035739_136142.jpg

部屋も片付いて一心、と言いたいところだけどまだまだ追いつかず。どっから手を着けていいものやら。これが引っ越したってんなら話は別で、けっこう整理がつくんだろうけど、今ある同じところでいろいろ配置をかえて整理するってのはなかなか難しいよね。さ、「口だけ」と言われないようにやることはやることにします。
[PR]
by tamaneedscaffeine | 2005-05-18 13:06 | remarks
spoon-feed
ども、ご無沙汰、レーオーです。もうこの「レーオー」もそろそろやめようかとヒソカニ考えてるレーオーです。普通に「オレ」とかかわいく「ぼく」とか勢い余って「うち」とか「拙者」とかね、ニンニン。

ここ最近、卒業式シーズンでめっきり話題は「親」の人も多いんでないかね。親が来たとか来ないとか。親が来ると大変とか、そうじゃないとか。どうなんかな、オレの親は海を越えてまでレーオーの卒業式に来るのかね。でもそれを想像しただけでも疲れちゃうよ。だってこっちにきたら何も知らない赤ちゃんみたいなもんでしょ。姉ちゃんとおばちゃんもくると想定して・・・うぉ、頭がいたいの通り越して腹減ってきた。っぬん。

「親のありがたみ」は言わずもがな。痛いほど感じてるなぁ、毎日。成長していく過程で「へぇー」とか「はぁー」って親がいたからみんないるんだっていう事は目に付くよねぇ。今日、友達と話してて、親の偉大さとか威厳とかを改めて気づかされたなぁ。母の日もすぎ、父の日が近づくっていうのに何もしてないレーオー。前も宣言してたように近いうちに必ず手紙を書こう。

親は背中ですべてを語る。ほんっとにそうだなぁ。
[PR]
by tamaneedscaffeine | 2005-05-10 15:57 | life
movers and shakers
誰かが去って、誰かがやってくる時期になってまいりました。子すずめのピーピーという親を呼ぶサエズリがいとおしく思えました、とことんマロンに会いたくなってきたレーオーです。

今日は友達の卒業パーティーに参加してきたんだけど、久々にあんなに肉をむさぼったね。なんか身体の中を動物性脂肪がぐるぐるまわってる変な感じ。明日朝起きて、枕元が鼻血でダーダーになってたりね、っぷ。

肉で思い出したけど、中学で野球部に入部していたころ、親も含めて校庭でバーベキューをしようということに。親が率先して、その日最上級の肉を手に入れ、ジュージュー。オレらはオレらでなぜが草むしりをさせられ、オイー、みたいな。そんなこんなでやっとこさ肉にありつけたレーオーは勢い余ってたくさん一気に含んでしまったため危うく窒息、あわよくば救急車乗車、みたいな。でも誰も見てないときにもがく自分ほど惨めな物はないね。はい、そんな思い出話でした。

しっかしルームメートの友達が荷物をたらふく持ってくる持ってくる。リビングがドン・キホーテの売り場みたいだよ。
[PR]
by tamaneedscaffeine | 2005-05-06 16:58 | thoughts
clear the air
今日はタイ料理に満足し、実験的に作ったプリンにも満足し、満足しきりな一日でした。そろそろマロンに会いたいな、はい、レーオーです。

なんでこんなにもせっぱつまってない時って、キャンパスがきれいに見えるんだろね。いつもこんな感じであればいいなと思わずにはいられない。今日は空が異様にきれいだったねぇ。ここ最近あやしい天気が続いていたせいか、今日はやたらと空が広く見えたよ。

空といえば、今までで一番きれいだった空はニュージーランドの最北の街インバーカーギルの野原でヤギたちと見た空かな。すんごく澄んでて、絵の具では決して作ることの出来ない色をしてたのを今でも覚えてる。緑色の野原に白ゴマのごとく散らばるヤギたち、見上げると真っ青な空があって、その間には青とも灰色とも言える山々がドドーンと見ている人をビビラせる感じでたたずんでた。さすが、ロード・オブ・ザ・リングのロケ地にも選ばれた国だね。まだまだ自然の宝庫だったよ。

そんな話をしてたらまた行きたくなってきた、キウイたちに会いに。そういえば、あそこにも大橋キョセンのギフトショップがあったな。あの黒ぶちのメガネの奥に潜んだビジネスへの静かなる挑戦、たいしたもんである。
[PR]
by tamaneedscaffeine | 2005-05-05 17:57 | life
That'll be the day.
今日から少し時間ができるので、この際、しっかり自分のためになることをしようと思います。いくつか終わらせたいこともあるし。そんなこんなで、ゆっくりオレオをむさぼるレーオーです。

でも、人間ってとことん時間の使い方が悪い動物だよね。余分に時間がある日に限って、余計なことまでしてしまう。旅行とかにいくと別物で、けっこうかしこい時間の使い方をしてたり、「いつもならそうしないだろ」みたいな事を平気でする。例えば、目覚ましなしでも自然と身体が起きちゃう。これはホント便利というか不便というか。やっぱ興奮してるのかね、っていつもでてくれよ。

今年の夏は日本へ帰らず、その名も「言語キャンプ」というものに参加する予定。ミネソタのデントという聞いた事もない田舎町の森の中でそのキャンプは行われるらしい。今だはっきりとしたスケジュールが手元に届いていなく、そろそろ心配になってきてそわそわするレーオー。何もせずにTHにいるよりかはすずしくて自然に囲まれたところで過ごせるのはいいかもね。少々、頭を使いそうだけど。

さて、麦茶でも作ろうかね。しっかし、この寒さどうにかならないかね。
[PR]
by tamaneedscaffeine | 2005-05-04 15:33 | hobbies
go like clockwork
久々にコーラを飲んだらまだどっかに炭酸が残ってるみたいで部屋を行ったり来たり、背伸びしたり、ドュークの物真似したり、そんなレーオーです。ライム味はあまり好きにはなれません。

最近手紙を書いてないことに気づき、ペーパーがひと段落つき次第だれかに手紙を送ろうともくろむ。やっぱりデジタルよりもモノログのほうが好きなレーオー。やっぱり時計もモノログ。けっこうそのデジタルとモノログの差を楽しむのもいいのかも。毎日毎日パソコンを使って、たまにけんだまとかを手に取ると何かぬくもりを感じる。この間、地元の小学校へ日本文化を話すときもけんだまを持っていったんだけれども、けんだまと戦うアメリカ人の子ども。どうもデジタルとアナログが重なってるように見えてしかたなかった。これはレーオーの観点の違いかね。日本のほうが技術の面では上のはずなのに、いまだアメリカのほうがモダンに見えてしまう。

手紙で思い出したけど。昔、ハワイからきた渡辺さんに一目ぼれしたレーオー。あれは小学生時代。顔は日本人なんだけど、長髪に遠くを見通せそうなメガネ、それに英語。憧れたねぇ。「いじめたらオレがゆるさねぇーぞ!」みたいな事をいったような言わなかったような。彼女がハワイへ帰った後も文通をしてたけどレーオーが一度だけさぼったために行方不明に。どこにいるんだろ、渡辺さん。シンスケさん、バラ珍に出演させてけれ。
[PR]
by tamaneedscaffeine | 2005-05-03 16:19 | life


ジャズィーでハスキーでナマぬるいカフェインジャーナル
by tamaneedscaffeine